2017年08月

2017年08月30日

モロナスキュウ おつまみ小鉢

さて、モロナスキュウって何でしょう。お嫁入りして、このおつまみに驚きました。要はもろみきゅうりになすが入っているのですが、写真を見ればわかります。
            IMG_2605
       そうです。角切りにしたきゅうりとなすをもろみであえているのです。
       よくキュウリにもろみを添えたのは見たことがありますが、これは
       みたことがありませんでした。大家族だったので、おのおのもろみを
       分ける手間を省くために工夫したとか・・・
      
      とりあえず材料一人分
            きゅうり  50g
            なす    50g
            塩     少々
            もろみ  小さじ1から2
          
IMG_2604


      手順    きゅうりとなすをさいの目に切り、塩少々を振りかけて、
            水分を出す。
            しばらくして、水を絞り、もろみで和える。

       主人の好みは甘くないもろみなのですが、最近あまり見かけません。
       甘目が主流になっているのでしょうか?時折見かけると購入します。
       結構小規模の製造会社だったりします。

       これも本来はおつまみですが、我が家ではお惣菜になっています。
       ナス嫌いの子用にきゅうりのみの小鉢もつけて。

       今日はこの辺で。
       それではまた・・・
       


              --------------------ポチっとクリックしていただければ幸いです。 レシピブログに参加しています。応援よろしくお願いいたします。   レシピブログのランキングに参加しています。 -------------------

casablancagranma at 18:31|PermalinkComments(2)料理 食事 

いつもの高菜チャーハン

以前豚肉の高菜炒めをのせましたが、主人もわたくしもちょっと九州にご縁がありまして、高菜漬けは大好きです。食卓にはよくのり、料理にもよく使います。その中でも定番中の定番が、チャーハンです。お休みの時などの昼食はよく言うチャーハンよりも高菜チャーハンの方がよくのるくらいです。それではそのチャーハン・・・
         IMG_2603
       材料  一人分
             高菜漬け   30g
             ほしあみ   20g(しらす干しもよく使います。)
             卵      1個
             ごはん    120g
             ごま油    適宜 
             いりごま   適宜
       手順   
            ごま油を熱して溶き卵を入れていり卵を作る。
            高菜漬けは細かく刻み、ご飯とともにフライパンに入れる。
            良く炒めたらほしあみを加えて混ぜる。
            いりごまを少々入れて混ぜ込む。
            器に盛り、ゴマを振りかけて飾る。

         これも漬物とほしあみの塩気で味付けなしでちゃんといただけます。
         失敗なしの簡単メニューです。簡単なので安易にメニューに選んで
         しまうのよねぇ。

         それではまた・・・

           

--------------------ポチっとクリックしていただければ幸いです。 レシピブログに参加しています。応援よろしくお願いいたします。   レシピブログのランキングに参加しています。 -------------------

casablancagranma at 12:35|PermalinkComments(2)料理 食事 

大好きなレモンスカッシュ

実はわたくしレモンスカッシュが大好きです。ずいぶんと以前はどこの喫茶店でもレモンスカッシュがありまして、レスカなどと呼ばれていました。(いったいいつの時代だ・・・)ところが人気も下火となり、見受けられなくなり、自作するようになりました。そこでその話題を・・・

     大好きなレモンスカッシュ
          IMG_2600
       材料  一人分
            レモン汁  大匙1
            メイプルシロップ 大匙2
            無糖炭酸水   100cc

       手順  レモン汁をいれてメイプルシロップを入れよくかき混ぜる。
           炭酸水を入れてかき混ぜて混ぜ氷を浮かべる。

       私はすっぱいのが好きなので、ちょっとレモン果汁を多めにします。
       シロップもカロリーカットを使っても、はちみつなんてのも風味が
       楽しめてよいかもしれません。好みで甘目にしてもよいかもね。

       夏休みももう終わりですが、ちょっと一休み、いかがですか?

       それではまた・・・
  

    
--------------------ポチっとクリックしていただければ幸いです。 レシピブログに参加しています。応援よろしくお願いいたします。   レシピブログのランキングに参加しています。 「簡単☆夏休みのひんやりおやつ&ドリンク」コーナーにレシピを掲載中! -------------------

casablancagranma at 11:12|PermalinkComments(0)料理 食事 

2017年08月29日

塩麴漬け鶏肉のから揚げ

友人にお肉って塩麴をまぶしておくと冷蔵庫内でも長持ちするわよ・・・とささやかれ、その気になってつけてみました。勧められたのはそれを蒸し鶏にすることでしたが。なんと本日はかわいいお客様がいらして蒸し鶏では満足しまい、と思い、急遽から揚げにする決心をしました。というわけで、今日のから揚げは一晩塩麴をまぶした鶏むね肉を使っております。あとをひく美味しさで、皆で、感動しました。

      塩麴漬け鳥のから揚げ

        IMG_2597

        材料
          一晩塩麴をまぶしておいた鶏むね肉1枚 247g
          酒   大匙1
          みりん 大匙1
          片栗粉  適宜
          揚げ油  適宜

       手順 むね肉は一口大に切り、酒みりんをまぶして20分おく
          片栗粉をまぶし 揚げ油で中火であげ、中に火が通ったら
          火を強めて色よく仕上げる。

        食べてみたら、後を引く美味しさに参りました。塩気は塩麴のみです。
        やってみるもんだと思いました。
        教えてくれた友人に感謝を・・・
        そして皆さん、一度試してください。

        それではまた・・・
--------------------ポチっとクリックしていただければ幸いです。 レシピブログに参加しています。応援よろしくお願いいたします。   レシピブログのランキングに参加しています。 -------------------

casablancagranma at 20:32|PermalinkComments(0)料理 食事 

思い出のレバーの煮つけ

以前とってもむかし。若かりし頃、住んでいた近所の方から、おいしい料理を教わりました。今は全然音信不通ですが、あまりにおいしく、手軽なので、私の身内に伝染していったレシピがあります。その方に感謝を込めて、ちょっとブログに載せさせていただきます。勝手に申し訳ありません。

    鳥レバーの煮つけ
        IMG_2596
      材料  鳥レバー   197g
          料理酒    100cc
          みそ     大匙2

      手順   レバーを食べやすく切り、血の塊を取り除く。
           鍋に下ごしらえしたレバーを入れて料理酒とみそを入れて
           煮詰める。 水分がほとんどなくなるまで煮詰めたら、出来上がり。
           まだレバーに火が通っていないようなら、さらにお酒を加えて、
           よく火が通るまで煮てください。

        飾りにショウガを飾っていますが、全然中には入っていません。
        母にふるまったところ、臭みが全くなく、本当に不思議がっていました。
        水分は料理酒のみです。下茹でもしません。
        本当に不思議なレシピです。

        これを教えてくださった方、心当たりがおありになれば、本当に感謝して
        います。子供たちみなレバーを好きになりました。この場を借りて御礼
        申し上げます。

        思い出のレシピ それではまた・・・





        --------------------ポチっとクリックしていただければ幸いです。 レシピブログに参加しています。応援よろしくお願いいたします。   レシピブログのランキングに参加しています。 -------------------

casablancagranma at 20:09|PermalinkComments(0)料理 食事