2018年07月

2018年07月30日

思い出の塩ラーメン

私には結婚前から 気が合って 今でも お付き合いのある友人がいます。

その友人 アレルギーやら 好き嫌いが あって 食べられるものが極端に少ない。
私が比較的なんでも食べられるのとは正反対なのです。
そこで思い出深いのがその友人宅で必ず出る 塩ラーメン。
なんと具は 焼きのりのみ。
        IMG_20180730_115453
 こんな感じです。そして必ず使っているのが この塩ラーメン。
        IMG_20180730_114731
これが 懐かしい 懐かしい 私の 青春の味なのかもしれません。
この塩ラーメンが時々 無性に食べたくなる。 母の作る ラーメンが具沢山なのに・・・
母はこの塩ラーメン見ると 顔しかめるんだけど。
でも この 塩味 青春の味なのだ。 れっきとした。
まだケータイもスマホもない時代、友人と家族の反発買いながら 長電話したことやら、
泊まり込んで 語り合ったこととか。 何の話題か 盛り上がったのよね。
などと 思い出す、思い出深い味なのです。
いまだ 付き合いのあるその友人。 若かりし頃とは お互い 外見はずいぶん変わって
しまったけれど、 会えば やはり 昔のまま。お話盛り上がり 内容は変わったけれど
代えがたい友人です。
それでは また
------------------ポチっとクリックしていただければ幸いです。 レシピブログに参加しています。応援よろしくお願いいたします。   レシピブログのランキングに参加しています。 -------------------

casablancagranma at 14:10|PermalinkComments(0)料理 食事 

2018年07月29日

バターミルクがゆ

バター風味のおかゆでさっぱりと食事をしました。食欲の落ちる夏。時には温かいおかゆもありです。
     バターミルクがゆ
        IMG_20180728_080800

   上にのせてあるのはミニキャロットのバター甘煮です。
   作り置きに作りましたが この後 おやつに 平らげてしまいました。
   後程 レシピをのせます。
       材料
         一人分  
      ごはん   110g
      水     1カップ
      コンソメ顆粒 小さじ1
      スキムミルク 大匙 5
      バター     8g
      人参      3センチ
      冷凍ブロッコリー3切
      
      手順
        鍋に水とコンソメ スキムミルク バターを入れて
        ごはんを水洗いをして鍋に入れる。
        人参を5㎜の賽の目に切り、ブロッコリーとともに
        鍋に入れて人参に火が通るくらいに煮る。
        煮あがったら軽く塩コショウする。

       器に盛り あれば人参の甘煮をのせる。

     ミニキャロットのバター甘煮
            IMG_20180728_083815
     材料   一人分
        ミニキャロット   1袋
        水         1/2カップ
        コンソメ顆粒    小さじ1
        バター       8g
        三温糖       小さじ1

     手順
        厚手の鍋にバターを溶かし洗ったミニキャロットを軽く炒める。
        その鍋に水とコンソメ顆粒 三温糖を入れて汁けがなくなるまで
        煮る。煮あがったら軽く塩コショウする。

    そのままで付け合わせにもよし 冷やして メイプルシロップをさらにかけて
    おやつにするもよし。
    おいしいですよ。お試しください。

    それではまた。
 -------------------ポチっとクリックしていただければ幸いです。 レシピブログに参加しています。応援よろしくお願いいたします。   レシピブログのランキングに参加しています。 -------------------    

      


casablancagranma at 19:32|PermalinkComments(0)料理 食事 

和風みそだれドリア

三重の鳥焼き肉のたれが残っているのでそれを利用して 和風のドリア?風の料理を作ってみました。

けっこういけましたのでブログにのせます。

       和風みそだれドリア

         IMG_20180728_022128

   利用したみそだれはこれです。
         IMG_20180728_023425

   別にこれでなくても 甘辛い田楽みそでも十分に行けると思いますが。

      材料   一人分
           冷やごはん   110g
           鳥焼き肉みそだれ 大匙2  
           溶けるチーズ   50g
           冷凍トン汁の具  50g
           冷凍ブロッコリー 3切
           人参       3センチ
      手順
           冷やごはんを耐熱皿に入れて上に凍ったままの冷凍トン汁の具を並べ
           その上にみそだれをかける。
           上から溶けるチーズをのせる。
           オーブントースターで10分焼く。
 
    結構いけました。甘辛いみそだれとチーズがよく合い おいしかったですよ。
     お試しください。

  -------------------ポチっとクリックしていただければ幸いです。 レシピブログに参加しています。応援よろしくお願いいたします。   レシピブログのランキングに参加しています。 -------------------    
            


casablancagranma at 19:12|PermalinkComments(0)料理 食事 

ネバーまとめに載りました。

おかげさまで冷やし肉豆腐うどんがネバーまとめに載りました。夏に食べたい!スタミナがつく絶品冷やしうどんレシピ18選 に載りました。
    
 
母に試したところ いや~こんなにがっつり食べられない と言っていたのに ペロリと平らげてしまい、お互いにびっくり致しました。 市販の山形だしを使いましたが レシピブログで山形だしと検索すると作り方も出てくるので 皆様 手作りのだしも お試しください。
冷やし肉豆腐うどんもお手軽でおいしいのでぜひお試しください。
 冷やし肉豆腐うどん 作り方はこちらhttp://casaburancabaaba.blog.jp/archives/10753331.html

------------------ポチっとクリックしていただければ幸いです。 レシピブログに参加しています。応援よろしくお願いいたします。   レシピブログのランキングに参加しています。 -------------------

casablancagranma at 15:59|PermalinkComments(0)料理 食事 

2018年07月24日

スペースパンでグリーンピースいり卵 スイカの皮の塩こうじ漬

この頃 ずぼらになり、 フライパンを出すのが面倒で スペースパンを多用しています。油を敷かなくてよいので 手軽です。洗うのも楽、しまうのもグリルでよいし。

いり卵もスペースパンで作ります。 夏の風物詩スイカの皮を塩こうじにつけたものを添えて今朝の朝ごはんです。

             IMG_20180724_061033 - コピー


     材料  一人分
          冷凍グリーンピース    20g
          卵            1個
          塩コショウ        適宜
     スイカの皮の塩こうじ漬
          スイカの皮        適宜
          塩こうじ         適宜


      手順
          スペースパンに冷凍グリーンピースを入れる。
          卵を溶きほぐしてそこに入れる。
          スペースパンを魚焼きグリルに入れてごくごく弱火で5分
          焼く。 時間になったら スペースパンを取り出し、
          熱いうちにお箸でかき混ぜていり卵にする。
          軽く塩コショウして器に盛る。


      スイカの皮の塩こうじ漬
           食べた後のスイカの皮を皮の青い部分を薄く切り取り
           白い部分を ジップロックなどの袋に入れて塩こうじ
           を適宜まぶすように入れる。

           食べた後の赤い部分は気にならないなら入れておいてください。
           それもつかるとおいしいので。

           1日以上冷蔵庫に入れておき食べるときに食べやすく刻みます。


     朝から 赤 緑 黄色で おいしそうでテンション上がりました。

     お試しください。

     それではまた。-------------------ポチっとクリックしていただければ幸いです。 レシピブログに参加しています。応援よろしくお願いいたします。   レシピブログのランキングに参加しています。 -------------------

casablancagranma at 07:55|PermalinkComments(0)料理 食事