モロヘイヤのお浸し春のお膳 子持ちカレイ煮つけ なばな辛し和え 青のりの佃煮

2021年01月19日

ばあちゃんのお好み焼き

お久しぶりです。
年代ですか、そろそろばあちゃんの介護が始まり、入れ歯でも食べられる食事を試行錯誤しています。
今回お好み焼きを作り、好評だったので、ブログにのせます。
入れ歯でもいける、お好み焼き。
fotor_1611028974338

材料 小二枚
キャベツ 90g
薄力粉  50g
豚肉薄切り 二枚
水     1/4c
卵     一個
お好み焼き用ソース 適宜

手順
薄切り肉を長さの半分で切っておく。
キャベツをフードプロセッサーで細かく刻む。3mm角くらい。
刻んだキャベツに小麦粉を満遍なくまぶす。
卵を割って別の器に入れてときほぐす。
ときほぐした卵を小麦粉をまぶしたキャベツに入れて混ぜる。
そこに水も入れて混ぜる。

直径14~16センチくらいの小さなフライパンに5mmくらいの深さに油を敷く。
そばに濡らしたキッチンペーパーを置いておく。
フライパンを熱する。
熱くなってきたら、濡らしたキッチンペーパーに底をのせ、温度を下げる。
火を弱火にしてフライパンを戻す。
生地の半分をフライパンに入れて上に豚薄切り肉をのせます。一枚を半分に切ったので半分を二枚のせます。
しばらく様子をみて、裏側が焼けたら二本のフライ返しでひっくり返す。
ひっくり返したら蓋して焼く。
時折様子みて、竹串等さして 中まで焼けたら、出来上がり。
もう一枚も同様に焼きます。

出来上がりにソースやマヨネーズを添えて、好みで各自、味付けしてもらい、いただきます。

青のり、刻みネギ添えるのも、ありです。

ばあちゃんは一枚で満腹でした。が、普通は二枚目が欲しいかも。

身近な材料でできる、お好み焼き。素朴ですが、お試しください。

それではまた。


-------------------ポチっとクリックしていただければ幸いです。
レシピブログに参加しています。応援よろしくお願いいたします。
 

レシピブログのランキングに参加しています。
-------------------








casablancagranma at 15:50│Comments(0)料理 食事 | 介護

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
モロヘイヤのお浸し春のお膳 子持ちカレイ煮つけ なばな辛し和え 青のりの佃煮