レンジで親子丼おせち第一弾黒豆数の子栗きんとんなます

2017年12月29日

我が家のおせちの三日間の工程

我が家はおせちを三日がかりで作ります。大体朝と夕方の二時間ずつ作業して後は時間任せにしています。その工程を今日は覚書していきます。

   作るのは黒豆 数の子 栗きんとん 田作り なます 酢レンコン 昆布入り筑前煮です。
                                         IMG_3481



    大体の材料の覚書

      黒豆  黒豆2カップ (塩小さじ1) (砂糖2カップ塩小さじ1/3醤油大匙1)

      数の子 数の子200g削り節大匙1強(醤油みりん酒各大匙2)(酒大匙2)

      田作り ごまめ50g白ごま大匙1(醤油砂糖、水酒、酒各大匙2)

      栗きんとん サツマイモ300gクチナシ小さじ1栗甘煮6から7個

           蜜(砂糖1カップみりん、甘煮の汁1/5カップ水4/5カップ塩一つまみ)

     なます  大根5センチ金時ニンジン5センチ油揚げ15gキュウリ5センチ
          (酢大匙2 醤油大匙1 砂糖大匙2)塩少々

     昆布入り筑前煮 昆布 5センチ 干しシイタケ3枚 里芋 3個 こんにゃく

             半枚 金時ニンジン5センチ ごぼう 5センチ レンコン

             5センチ 水煮タケノコ 半本 鶏もも肉 半枚
             (みりん酒各半カップ醤油1/4カップ)

     酢レンコン  筑前煮で使ったレンコンののこり
            お酢少々(酢砂糖各大匙2醤油大匙1)

    さて日程です。

       29日 黒豆 3倍の水に塩少々を入れて10時間つける。朝につけたり、夕
             につけて一晩放置してもよい。
          栗きんとん サツマイモを洗って2センチ厚さに切り、皮を厚めに
                剥いて流水に2から3時間さらす。
                あまり人が使わない昼の浴室などに放置する
       29日はこれで終わり。
       30日 黒豆 ふっくら戻ったら煮てあくを丁寧にとる。
             沸騰したら弱火の中火にする。しばらく煮たら
             保温鍋に入れて保温

          数の子 朝たっぷりのかぶるくらいの水につけ塩出し
               2,3回水を替える。最後に塩少々入れた
               水で塩出し。あまり塩出ししすぎてもおいしく
               ないですよ。
              夕 薄い膜を除く 酒振りかける。
                鍋につけ汁用調味料を入れて煮立てて削り節加え 
                一煮立ち。ふきんでこしてさます。
              晩 調味料がさめたら数の子をつけて味を染ませる。

         栗きんとん これが一番大変なので朝か昼にするとよいです。
               サツマイモをひたひたの水に入れて煮立ったらクチナシの
               実をつぶしてお茶などのパックに入れて加える。
               黄色になったらクチナシを取り出し柔らかく煮て湯を
               切る。

               別鍋に蜜の材料を入れて火にかけ煮立ったら火を弱めて5から
               6分煮詰める。 
               うらごすかフードプロセッサーで滑らかになるまでつぶす。
      
               そこの広い鍋でつぶしたサツマイモを入れて蜜を少しずつ
               加えて軽く混ぜていく。中火にかけてきじゃくしかしゃもじ
               の跡がつくまで練っていく。
               栗をくわえて4から5分練って火を止める。

           手間がかかりますがとても仕上がりがおいしく達成感あります。

            夕 なます 材料をすべて千切りにして塩少々をかけておく。
                 しんなりしたら合わせ酢を作り浸しておく。

             筑前煮 干しシイタケ一晩 みずにつけてもどす。
                 レンコン 里芋 金時ニンジン タケノコ ごぼう
                 皮をむくものはむいて乱切り。
                 こんにゃくは手で小さくちぎる。
                 切った野菜とこんにゃくを酢少々を入れたみずで
                 鍋に入れて一煮立ちして灰汁抜きする。

            30日は大変でした。

            31日朝 黒豆 保温鍋の豆を見てつぶれるくらいまで煮る。
                  つぶれるくらいなら砂糖を二回に分けて加え
                  煮る。砂糖が解けたら醤油 塩加えて15分
                  煮て冷ます。
                田作り
                  鍋を中火にかけて熱しごまめを入れゆっくり炒める。
                  手に取り、少し様したらぽきりと折れるまで炒める。
                  ごまめを取り出す。
                  鍋に調味料を入れて半量になるまで煮詰める。
                  ごまめを入れてからめる。絡めたら酒大匙1を
                  振りかける。ゴマを振る。

             酢レンコン レンコンの皮をむいて丸のまま酢少々の
                   入った水で火が通るまで煮る。
                   器に合わせ酢を作っておく。
                   ひが通ったらレンコンをとりだして
                   薄切りにして合わせ酢につける。
             筑前煮
                   鶏肉を一口大に切る。シイタケは4つに切る。
                   下茹でした野菜とこんにゃくを加えてシイタケ 
                   の戻し汁と調味料 1センチ幅に切った昆布を
                   加えて煮る。

      29日 30日と分けてしてきたので31日は朝からするとお昼にはできあがって
      いると思います。後の時間はたっぷりお雑煮やお蕎麦のための出汁をとって
      ください。作りだめておくとお正月にかけてとても楽ですよ。

      これが毎年の私のおせちの工程です。

      それではまた・・・
     
------------------ポチっとクリックしていただければ幸いです。 レシピブログに参加しています。応援よろしくお願いいたします。   レシピブログのランキングに参加しています。 -------------------

casablancagranma at 03:24│Comments(2)料理 食事 

この記事へのコメント

1. Posted by ryuji_s1   2017年12月29日 08:47
カサブランカさん
おはようございます
おせち料理の毎日の手順
素晴らしいですね
必要なお料理をしっかりと
素晴らしいです
丁寧なレシピありがとうございます。
2. Posted by カサブランカ   2017年12月29日 16:50
素敵なコメントありがとうございます。毎年のことなので娘のために覚書をしました。嬉しいお言葉感謝いたします。今後とも宜しくお願いいたします。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
レンジで親子丼おせち第一弾黒豆数の子栗きんとんなます